8月も下旬になってきたとはいえ、まだまだ暑い日が続いています。
8月はどの季節よりも紫外線の量が一番多いと言われています。
そのため、UVケアをしっかりしておく必要があります。

ケアの仕方次第でどれくらい美肌を保てるかが決まってくるのです。
ひとくちに日焼け止めといってもさまざまな種類があります。

どれが自分に合っているのかわからないという人もいると思います。
コスメコンシェルジュであれば詳しく知っています。

紫外線って?

夏になる頃によく聞かれるのが『紫外線』という言葉です。
紫外線というのは地球に辿り着く太陽光線のひとつです。
エネルギーが高くて波長の短い光を言います。

UV-A波・UV-B波・UV-C波とあり、地球に届いているのがA波とB波です。
ultravioletを省略したものをUVと言っています。

眼・皮膚に有害だと言われているのがUVBです。
皮膚がんや日焼けを起こしてしまいます。

UVAも長時間体に浴びてしまうと細胞が傷ついてしまいます。
雲・窓ガラスを通過する為、たるみ・シワ・日焼けの原因となってしまいます。

紫外線を浴びた後に赤くなる状態がサンバーンと言われています。
サンタンは一般的によく耳にする日焼けです。

地球に届く紫外線は2種類

日焼け止めクリームが苦手

日焼け止めクリームなどのUVコスメが苦手な人もいると思います。
また、汗をかくと取れてしまうため塗り直しが必要となります。
白残りするのが嫌だと感じる人もいると思います。

ジェルタイプで塗りやすいのがビオレUVアスリズムスキンプロテクトエッセンスです。
SPF50プラス PA4プラスで70g1,800円です。
きちんとジェルを塗っているのに焼けてしまうのはキメに塗れていないからです。

この商品は、ジェルながら薄い膜を均一に作ってくれます。
凹凸になっている肌の表面に合わせてくれるのです。

ジェルタイプで半透明となっているので白残りせず付け心地も軽いです。
塗り直しも少ないのでとても塗りやすい1本となっています。

スプレータイプのものもある

紫外線B波を浴びることで起こるのが肌の水ぶくれや赤みです。
水ぶくれや赤みなどの肌トラブルは避けたい人もいると思います。
そのため、SPFの値が高い日焼け止めを選ぶようにして下さい。

とはいえクリームタイプはべたついて嫌だという人もいます。
また、何度も塗り直しが必要となります。

スプレータイプは肌に薄くつくので使いやすくなっています。
肌が紫外線B波を浴びてしまうとシミが出来てしまいます。
SPF50でも塗布量はそんなに多くはないです。

石澤研究所紫外線予報透明UVスプレー SPF50プラス PA4プラスです。
150g1,850円となっています。

綺麗に日焼けしたい人に勧めたい1本です。
ぜひ使ってみて下さい。

内勤業務をしている

数分間通勤する程度ならPA2プラス・SPF20以上が最適とされています。
室内で業務をする人にはSPF30であれば大丈夫です。
ガラス窓は紫外線Aは通り抜けます。

逆に紫外線Bはだいたいカットしてくれますから高いPA値を選んでみてください。
UV-A波を抑えてくれるPA値の高いものにしてみてください。

エリクシールホワイトデーケアレボリューションT SPF30 PA4プラスがあります。
35mlで3,100円となっています。

化粧下地・乳液・日焼け止めという3つもの役目を果たしてくれます。
一度で塗り終えられるので、時短したい人にピッタリです。
医薬部外品で、美白有効成分が入っているのでシミの予防にもなります。

1本3役の日焼け止めはとても便利

まとめ

8月は1年の中でも一番紫外線が強いと言われています。
そんな時に利用するのが日焼け止めです。
日焼け止めはSPFとPAの値が高い方がいいです。

日焼け止めにはクリームタイプとスプレータイプがあります。
クリームタイプは何度か塗り直しが必要となります。
スプレータイプは塗布量が少なく薄くつくので使いやすいです。

ジェルは白残りせず軽い付け心地です。
使いやすさは人それぞれ違います。
開封後は早めに使い切って下さい。