女性のバストサイズは人それぞれです。
驚くほど大きい人もいれば小さい人もいます。
大きければその分肩こりなども酷いはずです。

今のバストサイズでじゅうぶんだという方もいます。

また、大きすぎて不満だとかもう少し欲しい人もいるはずです。
胸に見合った下着探しが大変な事もあると思います。

近頃では胸に関連した新たな概念が出てきたそうです。
聞き馴染みのない言葉かもしれないです。
今回はハンサム胸についてお伝えします。

『ハンサム胸』とは?

女性の象徴とも言えるのがバストです。
大きさも形も違うので幾つもの名称があります。
美乳・貧乳・微乳・爆乳・巨乳などです。

近頃では『ハンサム胸』というのが流行っているそうです。
dipは、バストアップを専門とするp-Grandiの運営会社です。

そのdipが『ハンサム胸』『ブラジャーと胸』でアンケート調査しました。
『ハンサム胸』というのは『盛らないありのままの胸』という意味があるようです。
300人の20代から40代の女性をターゲットに『ハンサム胸に憧れますか』と聞きました。

その結果47.7%で「いいえ」、52.3%で「はい」となったのです。
ある一定数の女性たちからは支持されているというのがわかります。
ハンサム胸って?

コンプレックスを持っているか?

ふたつ目に聞いたのが「自分に劣等感があるか」です。
32.3%『どちらかといえばある』17.0%『ない』31.7%で『ある』
19.0%『どちらかといえばない』でした。

およそ6割が自分のバストに劣等感を抱えているとわかります。

『自身の胸のどこにコンプレックスを感じるか』とも聞きました。
「大きさ」が20代で87.3%、30代で66.7%、40代65.5%で1位でした。
第2位は形で50.8%30代、43.7%20代、53.4%40代「垂れ」でした。

「劣等感を感じる場面」についても聞いてみました。
49.0%1位「胸元の開いた服の着用」46.9%2位「ブラジャー購入時」
36.5%3位「水着の着用」でした。

理想とするバストサイズ

「ブラジャーを選ぶ時に何を重視するか」も聞いてみました。
20代の1位は67.0%で価格、30代71.0%40代78.0%で着け心地でした。
理想のバストサイズも30代32.0%40代38.0%で現状維持となりました。

20代では31.0%で今のサイズに+2カップでした。
バストケアに関しては90.0%で「いいえ」10.0%で「はい」でした。
バストケアの内容については70.0%で1位のセルフマッサージでした。

33.3%の2位で筋トレ20.0%の3位がインナーケアでした。
商品購入では20代23.0%・30代19.0%でナイトブラ・ルームブラでした。
40代では14.0%で補正下着・矯正下着となっています。

バストケアにお金を掛けていない

調査結果を見た所、6割が胸に劣等感を持っている事がわかりました。
40代に女性に至っては、胸が垂れないようにするアイテムを買っていました。
その反面、バストケアをしている人は1割となったのです。

バストケア商品未購入も、20代66.0%・30代69.0%・40代66.0%でした。
自分でケアをすれば、さほどお金も掛からないと考えている人が大半です。
自分のバストに劣等感を持っている人は、解消したいと思っているはずです。

そのためには、バストケア関連商品を上手く使いこなすことが大切となります。
お店の方にバストケアについて相談してみてもいいと思います。
きっと自分の悩みに合わせた最適下着を探してくれるはずです。
バストケア関連商品を活用しよう

まとめ

女性にとってバストサイズはひとつの憧れです。
ですが、胸の大きさにコンプレックスを持つ人もいます。
今のままでいいという人や今よりもう少し欲しいという人もいます。

着用する服や下着、水着選びなどで困る事もあるのです。

ですが、バストケア商品は6割以上が未購入というのが現状です。
胸の悩みは大きさや形・年齢にもよりますが、人それぞれ異なります。
バストケア関連商品を買って使いこなす事で解消できる場合もあります。