昨日まで普通に使えていたのに、今日パソコンを使おうと電源を入れても起動しない!
「c:\windows\system32\config\system」
「ntldr is missing」
「operating system not found」
英語のエラーメッセージが表示される場合や
「Windows拡張オプションメニュー」の起動選択モードになって

セーフモード
セーフモードとネットワーク
セーフモードとコマンドプロント
前回正常起動時の構成(正しく動作した最新の設定)
デバックモード
Windowsを通常起動する
再起動する
OS選択メニューに戻る

どれをクリックしても、同じところにループしてしまうトラブルがあります。

 

また・・・

 

パソコンは起動できても、USBで接続した外付けHDDが正しく認識されない。
いつもマイコンピュータ上にアイコンがあったのに表示されていない。

表示されてもクリックすると
「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」
「フォーマットする必要があります」
と警告メッセージが表示されてしまう。

パソコン、外付けハードディスク内部に格納されているハードディスクは
熱やホコリに弱い精密機器です。

そのため春から秋にかけて故障する確率が飛躍的に高くなる傾向があります。

また3年以上経過した経年劣化のトラブルも多く、
年々進化してきたデータ保存容量に対し、
その故障率も年々上昇しています。

1年未満、購入してから1週間未満の故障発生も想像以上に多くあります。
特に内臓されているハードディスクの故障率はパソコンパーツの中でも群を抜いて高い傾向があります。

只、ウィンドウズなどのOSが起動しないだけなら、
手間暇かけて初期化リカバリーしたり修復するか、
メーカーや販売店に相談すれば良いだけですが、
一番、問題なのは保存してあったデータです。

メーカーでの修理はもちろん、
自分でフォーマットしたり、初期化リカバリーすることも
データは壊れてしまいます。

例えば子供が産まれてからの成長記録写真や動画。
家族の想い出、研究データ、仕事で使っていたワードやエクセルなど、
無くなったら困るファイルがハードディスクに保存されているケースがあります。

このようなハードディスクのトラブルが発生した場合、
自分で復旧をしようと無闇に努力すると、
2度と保管してあった大切なデータは取り戻せなくなってしまいます。

また電源をONにしたり、強制終了を繰り返したり、
無料、有料を問わず復元ソフトを試してみたりすることも、
どれもデータが壊れて、2度と手に入らなくなるリスクが高くなります。

まずは、何もせずに速やかに電源を切り、データ復元業者に相談してみることが
大切なデータを失わずにすむユーザーが出来る必要な対応なので注意しましょう。

「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」
「フォーマットする必要があります」
とエラーメッセージが表示される場合には下記のサイトが詳しい。

http://www.dougdees.com/