美容整形はTVCMでも流れているので、一度は観た事があると思います。
また、実際に施術してもらった人もいるかもしれないです。
この度日本美容外科学会が医療機関への実態調査を行い、2017年で190万件という施術数となりました。
2016年の国際統計でも整形大国第1位422万のアメリカ、第2位252万のブラジルに続き、日本が第3位となったのです。
今回は日本の美容整形がどのような印象を持つのか見ていきます。

施術内容は日本独特

結果が出された国際統計については、世界3位となっている日本の順位は暫定とも言えます。
なぜなら、中国や韓国などといった整形に携わる医師が多数いる国が入っていないからです。
また、取り扱っている施術内容を他国と比べると日本独特であることがわかりました。
美容整形と聞くと、外科のようにメスを使うと思われがちですが日本はそれほど使っていないのです。
施術の割合を見ても、外科手術では15%と世界の44%よりも低くなっています。
逆に言えば、プチ整形と呼ばれるレーザー脱毛の他にもたるみ・しわを目立たなくする注射が中心だということです。
外科手術のデメリットは施術後の回復に時間が掛かり、元にも戻しにくいという点です。

日本と海外では部位にも違いがある

整形手術を行うにあたり、日本国内と海外とでは部位が違うということもわかりました。
世界的に見てみると、全身のうちお尻・乳房といった部位を施術する確率が高いとされています。
ですが日本で手術をしてもらう場合、頭部や顔といった別の部位が全体の92%となっていました。
なかでも、およそ6割が一重まぶたから二重まぶたへ変えるまぶた関連施術となっていたのです。
また、世界的に見ると脂肪吸引・豊胸手術は十数%だったのが日本はわずか3%でした。
これらからも、日本と海外とでは美容整形に対するニーズそのものが大きく違うことがわかります。
体全体の中でもまぶたなど小さい部位の美容整形を望んでいる日本人が多いということです。

美容整形をするきっかけ

幾つになっても綺麗でいたいのが女性たちの本音でもあります。
ちょっとでも気になる部分が出てくると、やがて大きな悩みとなってしまうのです。
そこで研究が進められているのが、どのようなことをきっかけとして美容整形を望むようになったのかという事です。
女性の場合、親しい友人同士や母親と交わす会話で自然と出てくるのが整形だと言われています。
2000人に調査した所、整形を体験した人は見た目を友人などから言われた事が未体験者よりも多いという結果となりました。
会話をしていく中で「しみが目立ちがちだから取ってみたらどう?」といった言葉が契機となっているのです。
友人や母親から言われてしまうとさすがに考えてしまいます。

美容医療関連ではトラブルも

気になる部位をどうにかしたいという思いが強まり、美容整形を考えるのは自然なことだと言えます。
しかし、美容整形の施術を受けるにはそれなりの痛みも伴いますし当然お金も掛かります。
また、せっかく施術してもらっても自分の理想と違う結果になったという問題も出てきています。
綺麗になるために美容整形を決めたのに、満足できないと何の意味も持たなくなってしまいます。
2016年までに全国消費生活センターに寄せられた相談数も4年間続けて2000件以上となったのです。
美容整形では少なからず体に影響を与えてしまう薬品を使用します。
このため、政府が美容医療関連で出される広告の中身に規制をもうけるといった対策を行いました。

まとめ

美容整形外科はどこへでも受けられますが、通院するための交通費や施術費用も必要となります。
きれいになるためには、多少高くてもお金を掛けてもいいという女性もいるかもしれないです。
日本は暫定的とはなるものの、世界第3位の美容整形大国となりました。
母親との会話や友人とのたわいもない話で美容整形を始めるという人も出ています。
施術を受ける際には、費用や薬品リスクなども踏まえてしっかりと検討することが重要です。