豊かなバストの女性を見ると、自分の胸と比べて羨む人もいるかと思います。
今のサイズよりも大きくさせる方法にはどういったものがあるのか気になるところです。
よく聞く方法をご存知なら、一度は実践したことがあるかと思います。
バストアップ方法を行っていくのは大変ですが、継続しなければ意味を持たないのです。
ですが、胸が大きければ肩こりも起きやすくなります。
そこで今回はバストアップ法と肩こり解消法をお伝えします。

バストアップするためのポーズ

バストアップのポーズにはさまざまなものがあります。
典型的なものとして「お願いポーズ」と呼ばれるポーズが知られています。
両腕の手のひらを胸の前で合わせたら、その状態で力を入れるというものです。

また、ヨガポーズとして魚・太陽礼拝・ラクダ・コブラの4種類もあります。
いずれもリラックス効果があるので、やり方を覚えればこなせるようになります。
体の血行が良くなる事で乳腺が発達し胸が大きくなるのです。
ヨガを行う時間帯としては、血行促進されている入浴後や起床後がいいです。
ただし、個人差がありますので無理のないように自分のやれる範囲で行ってください。
継続は大事ですが、体調不良の時は行わないように注意が必要です。

バストアップ効果を高めるには

バストアップを高めてくれる方法に「お願いポーズ手首返し」というのがあります。
これは5月に放送された「ホンマでっか!TV」の中でバズーカ岡田さんという
骨格評論家の方が肩こり解消法と共に披露したものです。

従来の「お願いポーズ」のポーズをした後、

力を入れたまま上下逆さまに手首を返し左右へと動かします。
「お願いポーズ」では一部分の大胸筋が鍛えられるのですが、
この「お願いポーズ手首返し」という動きをしていくと大胸筋全てを鍛える事ができるのです。
実践した人達からも「大胸筋の箇所が筋肉痛になりかけてる」「しっかり行うとかなりきつい」
というコメントが出ています。
毎日行うときっとバストアップへの道に近づけます。

肩こりには次のような症状があります

バストアップ以外に女性が持つ悩みとして挙げられるのが肩こりです。
軽いものであれば一晩眠れば治る事もあります。
ですが、長時間座ったままのデスクワークや重たい物を抱えたりする事で肩や首に負担が掛かるのです。
肩から背中にかけて痛みが走ったり、首の付け根や首筋から張りが出たりコリが出てしまうと
人によっては吐き気をもよおしたり頭痛となってしまう場合もあります。

こうした症状は、女性だけでなく男性にも起こりうるものなので悩みのひとつとなっているのです。
また、肩こりに悩む方の中には頭痛や吐き気の他にも、動悸・めまい・手足の冷え・倦怠感・不眠・
手のしびれ・腕が怠い・眼精疲労などといった症状を言うこともあります。

こんな肩こり解消法があります

バズーカ岡田さんがバストアップ方法とともに番組で教えたのが、肩こり解消法です。
自分なりに肩こりを解消する方法としては、肩に冷感シップを貼ったりマッサージなどがあります。
しかし肩こりには、それらの方法を行っても効果が表れない頑固なものもあるのです。
そこでバズーカ岡田さんが教えたのが「肩甲骨ロック伸ばし」と呼ばれる方法です。

やり方としては最初に肩甲骨を固定するために右または左の手を

逆の腰に引っかけ肩甲骨を固定します。
反対の手で頭を支えて横へ、そして前へと倒していき長くても15秒ほど保った状態でストレッチしていきます。
固まっていた肩甲挙筋・僧帽筋が解されて血行が促進されるのでぜひ行ってみてください。

まとめ

自分の胸はなぜこんなに小さいのかと残念に感じ、色んなマッサージを試している方も

いるかと思います。
ですが、今回の方法を実践してみることで今のサイズよりも

確実に変わっていくのを感じられるはずです。
家事や仕事で何かと忙しい日々ですが、一日の中のちょっとした時間に試すだけでいいのです。
肩こり解消法と共にやり方を覚えて早速実践してみて下さい。
もし同じような悩みを持つ友人などがいればぜひ教えてあげてください。