バストアップをしたいけど、サプリメントは色々と種類があって分からないし、
手術は色々と不安があって恐いと思う人は、
まずは自分の食生活から見直してみてはいかがでしょうか。

バストアップをさせたいなら、不規則な食生活を見直して、
栄養があるもの、とくにバストアップに効果がある栄養素を摂取することが重要になってきます。

バストアップ栄養に欠かせない三大栄養素の1つがタンパク質です。

タンパク質は、人間の体を作る主要構成成分でもあり、女性ホルモンの働きを助けます。

このタンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類があります。

動物性タンパク質を多く含んでいる食材は、牛乳、チーズ、ヨーグルト、卵、お肉などです。

植物性タンパク質を多く含んでいる食材は、大豆、納豆、お豆腐、枝豆などがあります。

動物性タンパク質は植物性タンパク質と比べると脂肪分が多いので、
過剰に摂取すると逆にタンパク質を損失することになります。

どちらか一方だけを摂取するのではなく、動物性・植物性タンパク質をバランス良く摂取する事が、
バストアップ栄養を上手に摂取することにもつながります。

またバストアップ栄養素の三大栄養素の1つにビタミンAがあります。

ビタミンAは、皮膚や粘膜、髪の毛などの働きを正常に保つ作用があります。

そのため、バストにハリやツヤを出す効果が期待できます。

このビタミンAには、レチノールとβーカロチンがあります。

レチノールは主に動物性の食品に含まれており、レチノールを含んでいる食材は、ウナギ、レバー、バターなどです。

βーカロチンは主に植物性の食品に含まれており、βーカロチンを含んでいる食材は、カボチャ、人参、ほうれん草などです。

ですがβーカロチンは多量に摂取しても、体内に必要な分だけをビタミンAに変換しますので、
ビタミンAばかり摂取してもあまり効果は期待できません。。

またレチノールは多量に摂取すると、吐き気や疲労感、睡眠障害などといった過剰症を引き起こす可能性がありますので、

レチノールの摂取量はくれぐれも注意してください。

そしてバストアップ栄養素の三大栄養素の3つ目がビタミンB1です。

ビタミンB1は、ご飯やパンなどの糖質を分解する酵素の働きを助けエネルギー代謝を良くすることです。

代謝が良くなることでバストの発育を促し、ストレスに負けない体を作ります。

ビタミンB1を含んでいる食材は、豚肉、枝豆、玄米、ごまなどです。

尚、ビタミンB1は水溶性ビタミンなので、水や熱に弱いので気を付けて調理をする必要があります。

これら、牛乳、チーズ、ヨーグルト、卵、お肉、ウナギ、レバー、バター、
カボチャ、人参、ほうれん草、豚肉、枝豆、玄米、胡麻などを
バランスよく毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。