豊胸術の種類には、バックを用いる人工乳腺法、
自分の脂肪を利用する脂肪注入法、
ヒアルロン酸を注入するSUB-Q法の3種類の豊胸術があります。

人工乳腺法とは、ワキの下を数cm切開し
そこから胸部にバックを挿入してバストアップする方法です。

この人工乳腺法は豊胸術の中でも古くからある豊胸術の1つでもあります。

大半の女性が胸にシリコンパッドを入れる術法と言えば分かるのではないでしょうか。

バックには当時大ブームとなったシリコンバックや生理食塩水バックなどがありますが、
最近ではCMCバック、ソフトコヒーシブバック、バイオセルバックなど様々なバックがあります。

バックの名前からも分かるようにバックの中身が異なってきます。

シリコンバックや生理食塩水バックなどは、豊胸術の流行を招いたと言っても過言ではありませんが、
中身が破裂するなどの問題が起きて、最近ではほとんど使用されていません。

脂肪注入法は、自分が痩せたい部分の脂肪を吸引してバストに注入する方法です。

脂肪注入法の最大のメリットは痩せたい部分の脂肪を吸引することで理想の体型にすることができ、
なおかつバストに注入する脂肪は自分の脂肪なのでアレルギーなどの拒絶反応を起こす事が少なくなります。

しかし、脂肪注入法ではバストを一回り大きくする事は可能ですが、大きくバストアップすることができません。

またSUB-Q法は豊胸術というよりもプチ豊胸術と言ったほうがいいかもしれません。

SUB-Q法は、ヒアルロン酸を注射するだけです。

メスを使わないので体を切ることもないので体を傷付けずにすみます。

SUB-Q法ならバストアップの他に、バスト周辺などにも注入ができるので希望に合ったバストに近づける事が可能です。