近年、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を有することでイソフラボンが注目されています。

イソフラボンとは、特に大豆胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。

イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることで、骨粗鬆症や更年期障害、
乳がんなどの女性疾患に対する有効素材としても医学会からも期待されています。

エストロゲンは女性の年齢が向上するとともに減る一方ですが、
イソフラボンは女性ホルモンの欠乏を補うことができ、また女性ホルモンの分泌が過剰に起こった場合、
それを抑える働きもしてくれます。

またイソフラボンは、女性ホルモンの激減を緩和してくれます。

そのため女性ホルモンが不足して起きる更年期障害に女性ホルモンの作用を持つイソフラボンは大いに有効です。

尚、1日に理想とされているイソフラボンの摂取量は40mgから50mg(豆腐半丁)とされています。

多く摂取しても体外に排出されますが、5gや10gと一度に莫大な量を摂取することはオススメしません。

イソフラボンは自然に存在する成分であり、薬ではないため、
実際の女性ホルモンとは違って弱い働きをするホルモンなので、
副作用の心配がないと言われています。

実際に、更年期障害の治療方法としてエストロゲンではなく、
イソフラボンを投与する治療法も行われています。

女性らしい体を作るのがエストロゲンで、
イソフラボンは女性らしい体を作るエストロゲンと同様の効果があるので、
バストアップの効果も期待することができます。

イソフラボンを摂取することが、バストアップへの近道と言えます。

このイソフラボンを簡単に摂取できる方法としては、サプリメントや豆乳などがあります。