脂肪注入法とは、サイズダウンしたい部分の脂肪を吸引して、
バストに脂肪を注入してバストアップする方法です。

サイズダウンしたい部分の脂肪を吸引することで、
理想のスタイルにすることができます。

そのため痩身効果とバストアップを一度に同時に得られる施術になります。

この脂肪注入法のメリットは、自分自身の脂肪を使用するためアレルギーなどの拒絶反応を減らすことができ、
安全性も高いので安心して施術ができます。

尚、脂肪注入法の手術は、通常の脂肪吸引と同様に行います。

極細の管(カニューレ)を吸引したい脂肪部分に入れて、注入に必要な分の脂肪を確保します。

吸引した脂肪は生理食塩水で洗浄して、
そこから注入に適した状態の良い脂肪のみを選び、
選んだ脂肪をバストの筋肉層、乳腺層、脂肪層に注入してバストの形を整えて仕上げます。

注入された脂肪は毛細血管に取り込まれて、注入した場所に脂肪がそのまま残ります。

毛細血管に取り込まれなかった脂肪は、自然に吸収されるので問題はありません。

ただし脂肪注入法は極端にバストを大きくすることはできません。

バストを1カップ大きくしたいと言うのには適した施術になります。

下腹部や太もも、下半身を細くしてバストアップをしたいと思っている人や、
バストにバックなどの異物を入れるのに抵抗がある人に向いています。

また脂肪注入法で気を付けて欲しいのが、吸引する脂肪量です。

というのも脂肪は一度にたくさん吸引すると死ぬ可能性もあります。

テレビや雑誌などで脂肪吸引をした人が脂肪を吸引して亡くなる事故を見かけることがあると思います。

少しでも多くの脂肪を減らしたいと思うのが女心ではあると思いますが、
医師としっかり相談をして無理のない脂肪吸引をしてもらう必要があります。