バストアップクリームの広告を女性雑誌を読んでいると、目にする機会があるのではないでしょうか。

クリームを塗るだけで本当にバストアップするの?って疑問に思う人がほとんどだと思います。

しかし、最近のバストアップクリームの成分も一昔前より変わっています。

最近のバストアップクリームには白金ナノコロイドやコラーゲン、ヒアルロン酸が含まれています。

他にもバストアップクリームには、ガオクルア、デオキシミロエステロール、ビタミンP、ケルセチン、
ルチン、フラボノイド化合物、バイオフラボノイド、グリコール酸亜鉛、天然ヘプチドなどがあります。

ガオクルアとは、タイに自生するマメ科の植物で、地下1mから2mにある茎根部分が肥大したイモ部分が使用されます。

ガオクルアは、女性ホルモンを増加させてバストアップと美容効果をもたらすことで知られているので、
大半のバストアップクリームやバストアップジェルに使用されています。

デオキシミロエステロールは、バストアップに効果があると言われ最近、注目されている成分の1つです。

このデオキシミロエステロールはイソフラボンよりも女性ホルモンの活性化効果が約10000倍高いと言われています。

デオキシミロエステロールの成分により、女性ホルモンの分泌が盛んになり、
乳腺の発達、乳脂肪が促進されてバストアップに効果があります。

また天然ヘプチドは、科学的に処理されたヘプチドと違って自然から生まれたものです。

食品本来の自然な栄養バランス改善で体調が整えられると言われています。

ヘプチドは人間にとって最も重要な栄養物質、アミノ酸、たんぱく質です。

何十兆の細胞からなる人体のヘプチドがその構成素と言われているので、バストを形成するのに大切な要素です。

バストアップクリームはクリームによって使われている成分も違ってくるので、
自分にあったバストアップクリームを色々と試しながら使用することが大切になってきます。